英語が苦手な私がアメリカ人と結婚するまで

初めての国際恋愛から結婚へ。英語に悩みながらの異文化観察日記

二度目ましてはBrewDog

 

2014年2月に出会った私達ですが

次に会ったのは確か2ヶ月後くらいでした

 

なんとなくLINEでやりとりはしていて

ある日、友達とビールを飲むけど来る?と言われて

暇だったので行きました

brewdogbar.jp

そこにはBobとSamがいて、楽しくお話ししました

ビールって色んな味があるんだ⁈

と知った日

そして

日本語上手な外国人ってたくさんいるのか…

と知ったのもこの日

 

Samは長身で大柄でブランドヘアーの青い目で

雰囲気も含めて

どこからどう見てもアメリカ人なのですが

日本語が上手すぎてハーフなの?

と聞かれた事があるレベル

新卒から日系企業で勤務し続ける強者です

 

 

誘ってくれはしたけど、

当時Bobは彼女がいると聞いていたので

Samに彼女がいないから紹介してくれてるのかなー

なんて考えていました

 

その後も継続的に誘ってくれて

代々木公園のイベントに大人数で行くという

私の人生にはなかったことが始まります

割とインドア派だし

遊びに行く時は街プラが多かったので

とても新鮮でした

 

Bobの友達に会いながら

○○は彼女がいるよ、○○はゲイだよ、とか教えてくれるBob

私がっついているように見えるのかしら…と思ったりもして

そんなんじゃないんだけどなー

弁明するのもおかしいし

新しい人に会うのは面白いしありがたく便乗していよう

 

 

彼女がいる=男性として対象外

と考える私にとっては

なんだか親切な人ポジションになっていたBob

 

そういうわけじゃなかったことがわかるのは

この4年後です