英語が苦手な私がアメリカ人と結婚するまで

初めての国際恋愛から結婚へ。英語に悩みながらの異文化観察日記

日本、アメリカと続けて結婚式に参加した話

これまでの話は↓をご参照ください

出会い~お付き合い開始編

お付き合い編

--------------------------------------------------------------------

Bobが1ヶ月半の出張に旅立ちました

夏休みを気持ちよく送り出してもらえるように

休みの間の引き継ぎに忙殺される日々

今回は、旅行に行く一週間の間に出席したアメリカの結婚式と

その前に日本でも初めて出席した結婚式についてです

 

 

出発してから一週間後くらいの時

友達の結婚式がありました

実は自分が招かれた初めての結婚式参加だったのです

 

20歳までに両祖父祖母を亡くしている私は

中座の時に一緒に歩く新郎のおばあちゃんを見て大泣き

 

それから自分の式はどんな風になるかな〜と妄想しながら

幸せな気持ちになりました

 

それからバタバタの日々を過ごし、

なんとか仕事の引き継ぎも終えアメリカへ出発!

 

マサチューセッツ州ローガン空港へ降り立ちました

迎えにきてくれたBobと数日間ボストン観光をし

いよいよメインの結婚式会場へ!

 

会場は新郎新婦の新居

アメリカでは家の庭で結婚式をすることもあります

(広いから)

ここで私が参加したお式の流れを紹介します

 

  1. 集合
    開始の1時間くらい前から集まり始め、
    バーもオープンし、お酒も飲み始めちゃいます
  2. 着席&乾杯、そしてセレモニー開始
    軽くご挨拶をしたあと、指輪の交換です
  3. メイド・オブ・オナーとベスト・マンからのお祝いのお手紙
    この時は新郎新婦の兄妹でした
    メイド・オブ・オナーとベスト・マンは結婚式準備を
    手伝ってくれる友達や家族の一番大事な人で
    設定する人もしない人もいます

    なんぞやという方は2019/3/20(アメリカ時間)
    Google検索1位だったこちらをご参照ください

    weddabroad.com

  4. ビュッフェオープン
    新郎新婦がテーブルを回って
    来てくれてありがとう、楽しんでね!
    と言ってくれます
    アメリカの文化の”褒める”は新婦であっても健在で、見習おうと思いました

  5. ダンスフロアオープン
    老若男女、待ってましたとばかりにダンスフロアへ繰り出して踊りまくり
    DJ活躍しまくり
    ダンスに疲れたら座ったりして自由に過ごす

大体こんな感じです
なんとなく流れを伝達する程度の司会はいるのですが
日本みたいにプロがいるわけでも
拍手のタイミングを教えるわけでもありません

 

なんとなくだけど
私がしたい結婚式はアメリカスタイルかも…!


考えたくないけど、相手がBobじゃなかったとしても
こういう式に賛成してくれる人と結婚できたらいいな〜

なーんて考えていた当時は
このスタイルで結婚式を日本でやる大変さを全く知らずに
呑気なことを考えていたものです

 

飲みすぎたBobの介抱をしたら
何でか本人からものすごく感謝されたのですが
彼氏彼女だからって甘えすぎず
お互いを尊重する関係が築けそうだな、と
嬉しくなりました

 

この翌日は、二大メインイベントの2つ目です…!