英語が苦手な私がアメリカ人と結婚するまで

初めての国際恋愛から結婚へ。英語に悩みながらの異文化観察日記

ママ×Bob×Yoshiko

これまでの話は↓をご参照ください

出会い~お付き合い開始編

お付き合い編

--------------------------------------------------------------------
Bob友人の結婚式があった翌日

今回のアメリカ旅行における2つ目のメインイベントは

Bobのママと初対面

でした

 

前日の結婚式でお会いしたBob友人のママには

 「一人っ子のママだから大変ね〜!」

と言われましたが(Bobも私も一人っ子)

新郎&Bobが口を揃えて

 「そういうタイプじゃない」

と言い切るものの
 「そんなわけないわ〜ママだもん!」
と譲らないBob友人のママw

まぁ、会えばわかるか、と思い直し出発!!

 

正直、

息子の女は敵!!

というのなんて当たり前だと思っていました

私にはとても優しかった父方の祖母ですが

母は祖母(義母)に結構な仕打ちを受けていたからです

 

そういう人でも対処できるよう何となく覚悟を決めていました

アメリカにもマミーボーイという言葉があるくらいだし

Bobたちの前ではいいママでも

  横取りした異国の女なんて面白くない

と思っても

誰が責められようか

とスーパーネガティブ 

 

 

初めてママにお会いしたのは、電車の中でした

ママは家の近くの駅から、私たちは会場の近くから電車に乗り

時間を合わせて中で待ち合わせしよう

という感じ
 

電車に乗り込んでから探すこと数分…
無事合流できました

ママの目を見てBobそっくりで会ったことがなくても

すぐにわかったのが面白かったです

 

まずBobとママがハグ

私を紹介してくれて握手をしました

今よりもっと喋れなかった私ですが

お会いできて嬉しいです、Bobの目はママから来たんですね

とご挨拶しました

 

一番驚いたのは

初めから

ママは私を差別することなく

話すときもはっきりゆっくりお話ししてくださったことです

突然現れた息子の彼女で

英語もろくに喋れない子に、ですよ?

 

聞き取ることと話すことで精一杯で

飾ることは一切出来なかったのはある意味良かったのかもしれません

 

美術館やBobの友達の家を訪問したり、お散歩しながら

Bobあるあるを共有したりして

楽しい時間を過ごし、素敵な人だからこそ

誠実にコミュニケーションしたいと

一語一句聴き逃すまいと集中した時間を過ごしました

ママはそのまま家に帰る予定でしたが
最後、宿泊するホテルに立ち寄って頂いて
2時間近くかけて来てくれたお礼に日本からのお土産をプレゼント

Bobがトイレに行った時、ママに

ハグしてもいい?

と聞かれたので、もちろん!

と答えてハグをしました

 

そして

 「Bobがあなたみたいな女の子に出会って嬉しい!

  日本で暮らしているのは心配だけど

  あなたが一緒にいてくれたら安心だわ!」

ゆっくりハッキリ話してくれました

泣きそうになりながら

 「英語グチャグチャでごめんなさい、耐えてくれてありがとう!」

と伝えると
 「思っていたより話せたし、全然問題ないわ!頑張ったね!」

ですって!

この人には頭が上がらないわ…

大切にしようと心に決めました

 

結婚した今もとても優しいし、遠慮していると

 「家族なんだから!」

と言ったりして

私のことも大切にしてくれているのを端々に感じます

本当に尊敬しかない

 

この日駅までお見送りした後、

ホテルに戻って30分くらい気を失いましたw

集中しすぎて全てのエネルギーを使い果たしたのです

緊張したし

Bobへの信頼も崩したくなかったし

という感じ

 

もちろん良い意味で

この親にしてこの子あり

今の関係を大事にしよう、と改めて思ったのでした