英語が苦手な私がアメリカ人と結婚するまで

初めての国際恋愛から結婚へ。英語に悩みながらの異文化観察日記

一人暮らし開始と初対面

これまでの話は↓をご参照ください

出会い~お付き合い開始編

お付き合い編

--------------------------------------------------------------------

 

旅行から帰ってきた後

仕事がものすごく忙しくなり

終電で帰ることもしばしばとなりました

 

この時までずっと実家には住まわせてもらったいたのですが

  • 片道通勤時間が(終電からの)
    1.5時間生活に耐え切れない
  • 実家の駅から家までの道にキャバクラが多く、
    面倒な事がよくあった
  • 自力で生活してみたかった(できるのかちょっと心配だった)
  • (都会に遊びに行きやすい+Bobに会いやすいようにしたい)

ことから一人暮らしをすることにしました

と言っても一人娘の私は

これまで何度も反対されていたのですが、

上記を理由になんとか説得しつつ

物件探しをスタートしたのでした

 

いくつか見繕った後

物件見学を一緒にして

セキュリティ面でも安心してもらえる様にすることを考えていたら

Bobも勿論見たいと

 

不動産屋さんに何度も内見頼むのもおかしいし

もう会わせちゃえ!

ってことで

物件見学で両親と初対面してもらうことにしました

 

セッティングしつつ

会ったからって結婚するわけではないからね

と何度も伝え

なるべく摩擦が少ない様に

手を尽くしたつもりです

(もう旅行の時に一悶着してるんだけどw

www.co-3c4.info

 

いざ、初対面!

Bob:初めまして、Bobと申します
   お会いできて嬉しいです

母:初めまして〜

父:おぅ

Bob:今日は遠くから来るの大変じゃなかったですか?

母:いや、電車で1時間くらいだからそんなにー

(父、無愛想続行中)

 

き、気まずい…!

不動産屋さんの予約の時間が合ったので、挨拶はそこそこにして

お店へ向かいました

 

Bobが変なこと言う訳ないので

時々変な日本語がある時はサポートしつつ

見守るモードに徹することに

 親と彼氏だけど

人同士の関係性がそこにはあるはずなので

余計な口は挟みたくなかったのです

(事前にBobとは、いつもみたいに手をつないだりはなしね!

という打ち合わせはしていましたw)

 

内見は無事終わり、

最後に一緒に夜ご飯を食べて帰りました

両親共に感想は

  • 日本語ちょっと癖あるね
  • まだ初めてだし、短時間だからよくわからない

でした

ポジティブ要素0

元々一人暮らしに賛成でなかった部分も大きいとは思います

 

近いうちに家に連れて来て

全然上手くいきませんでした

 

軽い感じからスタートしようという思惑は

見事に的外れ

 

それもそのはず

娘の彼氏に会うのも初めて

(結婚する訳じゃないとか言うし)

それに

両親はあまり外国人と会話したことがなかったのです

 

今思い出しても

気まずい会だったな〜と辛い気持ちになります

当時は勿論どうなっていくかもわからず

私も手探り

 

果たしてこの氷のような関係が

溶ける日は来るのか?!

気が遠くなる思い出編でした

 

この後無事引越しをして、一人暮らしを始めました

職場までドアtoドア30分の好立地

東急ハンズの本店まで徒歩十分

とても美味しいパン屋さんがあるけど

スーパーがあんまりなくて

水のまずい地域でしたw

家賃も安いとは言えなかったけど

本当に帰るのも遊びに行くのも楽チン

生活力的な面でも

一人暮らししておいて良かったなーと思います

 

恐らくですが、

Bob視点で実家を出た事は

一人暮らし=生活力

として

結婚したい要素としてプラスに働いたと思います

(Bobは結婚しても働くのに大賛成派)

 

両親との関係や仕事忙しすぎる問題はありつつも

新たな一歩を踏み出しました