英語が苦手な私の英語圏暮らし

日本で出会った彼と異国籍同士の恋愛から結婚。英語に悩みながらのアメリカ生活日記

VS. 蜘蛛

アメリカ住宅(※2/3くらい)の暖房はセントラルヒーティングと呼ばれ

一つのヒーターで家/建物全体を温める仕組みになっていることがよくあります

 

熱を無駄にしないようにするためなのか、断熱材をしっかりつかっているので

寒冷地でも建物内は半袖でいられるくらい温かいです

 

そんな過ごしやすい家ですが

なぜか

蜘蛛(とか)が

気付くと室内にいる

 

虫が大嫌いな私(羽虫程度が限界)は見つけるたびに悲鳴

駆除隊(夫)出動

といったのが週に数回ありました

 

害虫駆除業者に依頼して薬を撒いてもらったのですが

結果、減ったような変わらないような…

 

なので、侵入経路を塞ぐことを考えました

でも勿論わかりやすいところに穴など開いていないので

どこから入ってくるのか?

難題でした

 

で、冒頭のセントラルヒーティングの話になります

部屋ごとに通気口というか暖かい空気の排出口があるのですが

f:id:bobandyoshiko:20200926044505p:plain

↑これ、覗き込むと金属が見えるんです

何言ってるんだと思うでしょうが

日本の家だったらフィルターなり何なり付いているはずの通気口には

何も、ついていなかったのです

つまり出入りし放題ですよね

 

 パティオ家具や手すりには

で蜘蛛が近寄りたくなくなるようにしていますが

これは頻繁に散布が必要+通気口には撒けない 

 

ということで塞げるものを探しました

 

まず、この通気口の名前

floor register

と言います

カバーを探しました

floor register net 

と検索すると見つかるはずです

大体1つ$10くらいから

サイズも色々あります

 

複数あるし、測るところ違ってフィットしなかったら悲惨だよね…ということで

虫除けの布を買いました

 

布なら縫えるし経済的でもあります

そして裏は見えないし良いか、ということで

f:id:bobandyoshiko:20200923090331p:plain

こんな感じでダクトテープで貼りました

 

が、また出た...

 

うちには更に壁に

f:id:bobandyoshiko:20200926044707p:plain

こういったタイプのものもありすぐそばでの目撃...!

 

左右のネジを外してみると

中に凸凹した壁と隙間を発見

こちらも侵入経路っぽいのでネット+ダクトテープで塞ぎました

 

処置後10日、まだ、蜘蛛を見かけていません

(とか言ってると出たりする、怖い)

 

お家に蜘蛛・その他虫が出て困ってる方は

中がどうなっているか

確認してみる価値はあるかと思います...!

 

 ↓虫除けの布(ネット)は白や茶色もあるようです

 

虫嫌いな世界の同士が快適に暮らせますように...!

 

 

 

※参照サイト

www.zillow.com