英語が苦手な私の北米暮らし

日本で出会った彼と異国籍同士の恋愛から結婚。英語に悩みながらのアメリカ生活日記

着色汚れとの闘い

デンタルケア用品を買うとき

芸能人は歯が命

というフレーズが今も時々チラつく私ですが、皆さんあのCM覚えているでしょうか?

 

それはさておき聞いたことがある方もいらっしゃると思いますが、アメリカでは歯のお手入れがとても大事

誰も面と向かって口にはしませんが、見られているでしょう

 

個人的な話ですが、日本にいるときから悩んでいることがあります

ちょっと恥ずかしいのですがそれは

笑うと見える位置の歯で、削って詰め物(歯の色)をした部分と本物の歯の境目に着色汚れがついてしまうこと

これってコーヒーやワインを飲んだ後に口を漱ぐ位では防げず、歯磨きでも取れなくて歯医者さんに行かないとどうにもならないというやっかいなものです

 

渡米後も半年に一度クリーニングで落としていたんですが、行く頃にはみすぼらして鏡を見るのが嫌なくらい

 

いのち大事に方針なので、コロナでクリーニング目的の歯医者さんも行かないとなり結構なストレスを感じ始めました

この、汚れた歯を、なんとかしたい...!

 そこで、歯医者さんでクリーニングのとき何してるっけ?と考えた結果

極細極強なホースで掃除していたことを思い出しました

 

ウォーターピックで解決できるかも!

と買ってみたはいいものの、残念ながらあんまり効果がなくてしょんぼり

 

諦めかけたのですが、1ヵ月ほど前にまた耐え難くなり電動歯ブラシ

で歯磨きした後に使ってみたら

ん?少し薄くなってる??

と思ったので

夜の歯磨き後にウォーターフロス

という流れをしばらく続けてみたら9割方みぞの着色汚れが消えました

電動歯ブラシで刺激を与えたの良かったのかもしれません

踊りだしたいほど嬉しい出来事でした

 

もしもし同じお悩みの方がいらしたら、ぜひ試していただきたいです!

 ↑のウォーターピック、アメリカAmazonだとほぼ半額なので送料無料か激安のときを狙えば.comのページからの方がお買い得かもしれません 

 

日本にいた頃は朝晩の歯磨きと、オフィスでは携帯用電動歯ブラシ

で昼食後歯磨きするのが普通でしたが、引っ越してからは歯医者さんの勧めに従い

朝は

これで歯と歯茎の間をなぞり、電動歯ブラシ

 

夜は

 フロスと電動歯ブラシ(の後ウォーターピックを最近追加)

 に変えました

 

子どもの頃から知って実践していれば...と思うことNo.1です

最近マウスウォッシュも手作りを考えていて調べ中なので、試したらまた書きます!