英語が苦手な私の英語圏暮らし

日本で出会った彼と異国籍同士の恋愛から結婚。英語に悩みながらのアメリカ生活日記

VS. 蜘蛛

アメリカ住宅(※2/3くらい)の暖房はセントラルヒーティングと呼ばれ

一つのヒーターで家/建物全体を温める仕組みになっていることがよくあります

 

熱を無駄にしないようにするためなのか、断熱材をしっかりつかっているので

寒冷地でも建物内は半袖でいられるくらい温かいです

 

そんな過ごしやすい家ですが

なぜか

蜘蛛(とか)が

気付くと室内にいる

 

虫が大嫌いな私(羽虫程度が限界)は見つけるたびに悲鳴

駆除隊(夫)出動

といったのが週に数回ありました

 

害虫駆除業者に依頼して薬を撒いてもらったのですが

結果、減ったような変わらないような…

 

なので、侵入経路を塞ぐことを考えました

でも勿論わかりやすいところに穴など開いていないので

どこから入ってくるのか?

難題でした

 

で、冒頭のセントラルヒーティングの話になります

部屋ごとに通気口というか暖かい空気の排出口があるのですが

f:id:bobandyoshiko:20200926044505p:plain

↑これ、覗き込むと金属が見えるんです

何言ってるんだと思うでしょうが

日本の家だったらフィルターなり何なり付いているはずの通気口には

何も、ついていなかったのです

つまり出入りし放題ですよね

 

 パティオ家具や手すりには

で蜘蛛が近寄りたくなくなるようにしていますが

これは頻繁に散布が必要+通気口には撒けない 

 

ということで塞げるものを探しました

 

まず、この通気口の名前

floor register

と言います

カバーを探しました

floor register net 

と検索すると見つかるはずです

大体1つ$10くらいから

サイズも色々あります

 

複数あるし、測るところ違ってフィットしなかったら悲惨だよね…ということで

虫除けの布を買いました

 

布なら縫えるし経済的でもあります

そして裏は見えないし良いか、ということで

f:id:bobandyoshiko:20200923090331p:plain

こんな感じでダクトテープで貼りました

 

が、また出た...

 

うちには更に壁に

f:id:bobandyoshiko:20200926044707p:plain

こういったタイプのものもありすぐそばでの目撃...!

 

左右のネジを外してみると

中に凸凹した壁と隙間を発見

こちらも侵入経路っぽいのでネット+ダクトテープで塞ぎました

 

処置後10日、まだ、蜘蛛を見かけていません

(とか言ってると出たりする、怖い)

 

お家に蜘蛛・その他虫が出て困ってる方は

中がどうなっているか

確認してみる価値はあるかと思います...!

 

 ↓虫除けの布(ネット)は白や茶色もあるようです

 

虫嫌いな世界の同士が快適に暮らせますように...!

 

 

 

※参照サイト

www.zillow.com

サプライズ3選

これまでの話は↓をご参照ください

出会い~お付き合い開始編

お付き合い編

婚約編

--------------------------------------------------------------------

 

 

旅行に行く前、期待しないほうが良いけど

この旅行でプロポーズしてもらえなかったら今後もないのだろうな

と予測していました

 

良い案がないからプロポーズできないと言っていたことが本当で嬉しかったです

 

プロポーズされたのは昼前くらいだったので

あとから彼の同僚も合流して一緒に遊びました

その同僚は既婚者で、相談もしていたそう

ゲームを作るときにもお手伝いいただいた方で今も家族でお付き合いさせていただいている素敵な人です

 

合流した後教えてくれたのは

プロポーズサプライズは実は3つの候補があったということ

一つは実行してくれたもので

あとの2つ没案について教えてくれました

 

没案1. 離島へ行く船の中でサプライズ

遡る事一年前に伊豆諸島のなかの神津島へキャンプに行きました

交通手段は大型旅客船

Bobはキャンプが好きなのですが私は虫が大嫌い

神経をすり減らして帰ってくることになりました

 

キャンプが好きなのでまた行くことを提案し船の中でプロポーズするのはどうかと考えたBob

流れは

  1. Bobが船から落ちたと船内アナウンスしてもらう
  2. 私を呼び出す
  3. 心配しながら現れた私にサプラ~~~イズ!!

でプロポーズ

 

結局私が虫嫌いだし実行も厳しかろうということで没

 

没案2. オフィスでBobの上司と私が面談するサプライズ

舞台はアメリカのオフィス

流れは

  1. オフィスを訪ねているときに私だけを呼び出す
  2. 直接はBobに言い辛いから伝えてほしいんだけど
    Bobを解雇するんだ
    と上司が私に言う
  3. その直後Bobが入ってきて
    嘘だよ~~サプラ~~~イズ!!

で登場しプロポーズ

 

意味が分からなすぎるので没

 

今でもこの二つの没案を採用しないことを選択してくれて

心の底から良かったと思っていますw

 

没案はネタにはなるけど変なドッキリにはめられたら

プロポーズを受けるのか迷いそうだし

嘘で安心する気持ちとよくわからないドッキリへの怒りが相まって

きっと嬉しさが1/100くらいになっていた気がしてなりません

 

こうして振り返ることで改めてBobに感謝の気持ちを持てるので

書いてみて良かったです...!

荷物を取りにオフィスへ

これまでの話は↓をご参照ください

出会い~お付き合い開始編

お付き合い編

婚約編

--------------------------------------------------------------------

 

本格的な夏休みシーズンに入る前の時期に

付き合い始めた記念日の旅行で

Bobの会社の支社があるアメリカのワシントン州へ行きました

 

彼の友達もいるし、自然がたくさんあるところなのでハイキングも楽しめそう

特に縁もゆかりもないけど

ゆったりしているし、日本食も豊富にある西海岸

アジア人もたくさんいるのでアクセントのある英語でも受け入れられる

 

Bobのオフィスがある街はここ10年ほどで開発されたこともあって

東京レベルにきれいでした

(アメリカの大都市、公共交通機関は基本どこか壊れていたり、とても汚いです

 Covid-19の影響で最近は清掃している模様)

彼の同僚は

アメリカで一番きれいな都市

と表現する程です

 

オフィスと言いえば、アメリカでごく一般的な宅配荷物の届き方は

不在等関係なく、玄関の外に置く(放り投げる)スタイルなので

届け先をオフィスにすることがよくあります

(対人を指定することは勿論できますし、セキュリティボックスを設置している集合住宅もあります)

 

当時はこちらの住所がなかったこともあり、

そのスタイルを利用してオフィスに届くようにしていた荷物があったので

邪魔にならないよう休みの日に取りに行くことになりました

 

Bobの荷物だったのでホテルで待ってる!

と伝えたのですが一緒に来て!

というので同行

オフィスのビルに駐車して

車で待ってるよ!

と伝えたのですが一緒に来て!

というのでしぶしぶ同行

 

既に滞在中に一度訪ねていたものの、なぜしぶしぶかというと日本でも友達のオフィスなんて訪ねたことがなかったので

付き合っているとはいえ何度も人のオフィスに行くのが憚られたのです

 

オフィスにつくと何故か

VRのゲームする?

と聞かれて折角なのでやってみることに

 

ヘッドギアを装着し始めてみると

VRの世界でお花を集めるゲームでした

私は収集系のゲームが大好きなので喜んで集めていたら

集めるものがお花から宝石のようなキラキラハートに浮かぶ文字に変化し

集め終わると私の名前であることが分かりました

 何故私の名前?

と思いつつ進めていくと

最後に

Bob がYoshikoに聞きたいことがある

と書かれた看板が現れ

そこには指輪の写真が...!

 

涙でぐしょぐしょになりながらヘッドギアを外すと

いつの間にかドレスシャツを着てネクタイをしめたBobが

指輪の入ったケースを手に膝をついていて

Will you marry me?

 

嬉しくて嬉しくて

さらに嬉しかったのは彼がポロっとこぼした言葉

あー、これで秘密がなくなった!

 

Yesの返事の後にはめてもらった指輪を何度も眺め

ずっと一緒にいたいとお互いに思える関係を築けたことが嬉しくて

喜びを何度も反芻しました

 

ちなみにVRのゲームはBob自作品で

出発前にちょっと不自然に休日出勤していたのは

このプロジェクトを極秘ですすめるためだったと判明

普段、余程のことがなければ残業や休日出勤しないし

いつも細かく理由を教えてくれていたためちょっと不安に思っていたのですが

それも一気に解消

更に楽しい旅行になりました